>Review>医学部受験を控えている学生へ先輩からのアドバイス

医学部受験を控えている学生へ先輩からのアドバイス

勉強

みんなの声

予備校に通うことは大事!

仕事をするなら人の役に立つことをしたいと考えていました。そんな時に偶然テレビの医療ドラマを目撃し、医師は人の悩みを解消したり、救ったりできる非常にやりがいのある仕事だとわかりました。それから医学部受験を考えるようになり、高校時代は部活をやりながら自宅で勉強していました。しかし、自宅の勉強だけでは理解が遅くなったり、効率的ではなかったりなど、限界を感じることが多かったです。そのため、このままでは医学部受験に失敗する予感があったので、対策を検討しました。合格するためには予備校で勉強するのが良いと感じたので、親にお願いして予備校通いを始めました。部活をやりながらの予備校通いは大変でしたが、独学よりも理解する力がアップし、効率的に勉強できました。そして、現在医学部にて学んでおり、将来の女医を目指して頑張っています。
(20代|女性)

予備校+自主学習もしっかりした方が良いですよ

もうすぐ医学部を卒業して女医として働けるようになりますが、振り返ると医学部受験がとても大変だった印象です。実は、高校を卒業後は就職を希望していたのですが、国公立の医学部受験を行って合格したい夢を捨てきれなかったです。そのため、親に頼み込んで残された日数の中で真剣に勉強しました。しかし、予備校だけでは医学部受験をクリアするだけの学力が十分に身に付いていない気がしたので、自主学習にも力を入れました。残された時間で予備校での勉強と自主学習を懸命に取り組み、厳しいと感じていた医学部受験を見事にクリアできました。諦めて就職し、後悔する人生にならなくて本当に良かったです。また、予備校に通わせてくれた親に感謝しています。
(20代|女性)