HOME>トピックス>難関の医学部受験に合格したい人必見の情報集

難関の医学部受験に合格したい人必見の情報集

女性

どれぐらい難しいのか

難関大学の医学部を志望する場合、かなりの学力が必要です。医学部という学部だけで見ても倍率は数十倍に上ります。何回もチャレンジしている人がいて普通という世界です。難関大学の医学部はその上に存在しているものであり、合格にはハイレベルな学力が求められます。国立大学の医学部受験の場合、一次試験としてセンター試験を受験します。ここで9割以上の正解率が求められます。つまり苦手科目を作ってはいけないと言えます。難関大学と言っても大学により問題は異なります。それぞれの志望する大学の問題の特徴を把握したうえで演習を繰り返すことが求められます。単に答えを求めるだけでなく、その過程についても採点の対象となることもあるので、論理的な思考力を養う必要があります。

男女

予備校に通う

医学部受験を限られた時間で効率よく実践するうえで予備校に通うことはひとつの選択肢です。医学部に特化した予備校もあり、医学部の特徴を把握したうえでの指導が行われています。難関大学の医学部の問題は基礎を理解していないと解くことが難しい問題が出題されるので、生徒ひとりひとりの実力を伸ばすために個別指導を導入して、個別カリキュラムを取り入れている予備校もあります。それにより、生徒の実力を確実に伸ばすことが可能になっていると言えます。医学という命を扱う学問を学ぶわけですから、高い倫理観も求められます。そのため難関大学では面接試験も実施していることがあります。学力試験だけでなく、面接試験対策も行っていることが特徴です。