>トピックス>医学部予備校の選び方~ポイントを押さえよう~

医学部予備校の選び方~ポイントを押さえよう~

勉強

医学部への進学のための予備校を選ぶときのポイントとして講師との相性が挙げられます。医学部進学を目的とした予備校では個別指導が取り入れられていることもあります。試験において高い学力が求められることから、生徒一人一人の学力に合わせて確実な実力が身につく指導を行っています。そのことからも講師との相性が大事になります。講師の指導にも特徴があるので、それに生徒が合うかと言うことがポイントです。生徒が質問しやすいかということや、学習に対する考え方などが重要です。生徒が講師を信頼することができて学力向上につながるからです。そのためには体験学習などを受けてみて合うかどうかを判断することが重要であると言えます。

どのようなカリキュラムであるかを確認することもポイントです。医学部受験に特化した予備校のカリキュラムは学校によって異なります。終日授業で組み立てられているものもあれば、自習に使うことができる空き時間がある学校もあります。自習は授業で学んだことを自分のものにするために必要です。それを予備校で行うか、自宅で行うかと言うことです。また、授業だけでなく確認テストや模擬テストをどのくらいの頻度で行うかということも比較ポイントとなります。ある程度実力がある場合は問題演習や模擬テストなど実践に向けたカリキュラムが向いています。一方で基礎から見直すことがいい場合はしっかりと基礎から学ぶことができる方がいいと言えます。

男女